“I can’t control myself”

日曜のライブにて「ゆうき」のお2人と合奏させていただいた最後の曲、

Pascal Comeladeの”I can’t control myself”では

「ゆうき」のYTAMOさんからのご提案で、私がこの曲からインスピレーションを得て作った詩を朗読したのですが、

その詩を改めて読みたいというリクエストをいただいたので、ここに掲載します。

私は筆洗バケツを叩いて演奏に加わり、そこに会場のみなさんがさまざまに加わってくださり、
皆で演奏した”I can’t control myself”でした。

あらたな表現、あらたなパフォーマンスの機会を引き出してくださった「ゆうき」のお二人と、皆さんのクリエイションに、あらためてありがとう。

************

わたしはイリュージョン

わたしはあなたのイリュージョン

あなたのわたしはイリュージョン

わたしはわたしのイリュージョン

わたしのわたしもイリュージョン

 

あなたはイリュージョン

あなたはわたしのイリュージョン

わたしのあなたはイリュージョン

あなたはあなたのイリュージョン

あなたのあなたもイリュージョン

 

わたしはイマジネーション

わたしはあなたのイマジネーション

あなたがわたしをイマジネーション

わたしはわたしのイマジネーション

わたしのわたしがイマジネーション

 

あなたはイマジネーション

あなたはわたしのイマジネーション

わたしがあなたをイマジネーション

あなたはあなたのイマジネーション

あなたのあなたがイマジネーション

 

わたしはクリエイション

わたしはわたしをクリエイション

すべてをこわすことができるイリュージョンとイマジネーション

すべてを作りだすことができるイリュージョンとイマジネーション

 

あなたはクリエイション

あなたはあなたをクリエイション

すべてをこわすことができるイリュージョンとイマジネーション

すべてを作りだすことができるイリュージョンとイマジネーション

 

わたしたちはクリエイション

わたしたちはわたしたちをクリエイション

すべてをこわすことができるイリュージョンとイマジネーション

すべてを作りだすことができるイリュージョンとイマジネーション

 

ある日見えない誰かに肩を突っつかれて

まるで着たことのない服に袖を通してみるように

ある日ふとした拍子に吹いてきた風にささやかれて

誰にも見えない靴下の色を変えてみるように

わたしたちはクリエイション

愛という糸を針に通して

イマジネーションをパッチワークで繋ぎながら

紡いでゆく物語は永遠のクリエイション

そこにあるのは永遠のクリエイション

愛という糸がまがい物でないならば

わたしたちがその糸に縛りつけられることなど決してない

************

元の曲はこちら

広告